設立のメリット・デメリット設立のメリット・デメリット

  1.   >
  2. 設立のメリット・デメリット

会社設立のメリット・デメリットを株式会社・個人事業主に分けてご案内いたします。当社では埼玉で会社設立をお考えの方をサポートします。

設立のメリット・デメリット設立のメリット・デメリット

税金面のメリット

株式会社
株式会社
個人事業主
個人事業主
給与所得控除 社長の役員給与に対して、給与所得控除が受けられる・・・給与所得控除という、表面に出ない特別の経費が、その給与の額に応じて、所得税・住民税の計算上、控除される 社長は、給与所得控除が受けられない
社長給与の経費算入 社長への役員給与は、全額会社の経費にすることができる 社長の給与を、経費にすることはできない
消費税 消費税が2期免税になる。会社設立後、2事業年度の消費税が免除される。     (会社設立時に、資本金を1,000万円以上にした場合には、消費税が課されることになるので、注意が必要) 基準期間(2年前)の売上高が、1,000万円以上であれば、課税される
各種節税対策 節税対策の選択肢が広がる。個人事業主よりも、経費として認められる範囲が広い 生命保険料控除として、最高10万円までしか控除できない。経費の範囲も株式会社と比較して狭い
所得分散 会社の利益が、法人に対する所得と、個人に対する所得に分散される —–
税率構造 税率が一定 累進課税(所得が増えれば増えるほど、税率も高くなる)
欠損金の繰越 最長9年まで繰越し可能・・・赤字が出た場合、最長9年間に渡って所得を相殺できる 最長3年までしか繰越せない
減価償却費の計上 任意計上 強制計上
退職金の支給 配偶者等の、家族への退職金の支給が可能 配偶者等の、家族への退職金の支給はできない

経営面のメリット

株式会社
株式会社
個人事業主
個人事業主
社会的信用 会社の信用力、リクルート面等で信用が高まる 信用力等は、あくまでも社長個人の力量・実績などによるが、法人組織でないと取引ができない企業も多い
資金調達 個人事業と比較して、一般的に銀行等からの借入がしやすい 資金調達がしにくい
事業承継 株式を取得することにより、事業承継ができる 一般的に、手間とお金がかかる。相続が必要な場合もある。
社長の責任 有限責任・・・会社に出資した金額以上に責任を負うことは無い。 無限責任・・・会社の債務・借金は、そのまま個人事業主の債務となる
決算期 自由に設定できる 1月から12月の暦年のみ
経理区分 会社経営と家計の区分が明確になる 区分することは可能だが、一般的に煩雑になりやすい

 

お気軽にご相談下さい お電話でのお問合せ/お電話からのご相談は【9:00~21:00】まで受け付けております。0120-016-524 お問合せ・無料相談 WEBからのご相談は【24時間】 受け付けております。お気軽に ご相談下さい お電話でのお問合せ/お電話からのご相談は【9:00~21:00】まで受け付けております。0120-016-524 お問合せ・無料相談 WEBからのご相談は【24時間】 受け付けております。