よくわかる会社設立よくわかる会社設立

  1. ホーム  >
  2. よくわかる会社設立  >
  3. 理容・美容業

よくわかる会社設立について業種別にノウハウをご案内いたします。当社では埼玉で会社設立をお考えの方をサポートします。

理容・美容業

【1】 理容業

 

<業界の現状>

最近は若年層の理容所離れにより、中・高校生を中心とする10代、更に20代30代の若年層はニーズ変化が著しく、美容院に流れている傾向にある。また、新たなカットのみの低価格チェーン店の増加による競争激化の状況にもある。したがって、自社の経営において以下の項目についてご参考にしていただきたい。

 

(1) 店舗・施設サービスの明確化

顧客ニーズの変化を率直に認識し、対応策を構築する必要がある。

例えば、理容の訪問サービスは禁じられているが、外出困難な人、老人施設訪問理容は認められている。こうした高齢者、身障者への取組みの推進も顧客ニーズ対応の一つと言える。

また、店舗の快適性を上げるために性別、年齢階層別に仕切り又は個室などの「コーナナー」を設置するなど、提供するサービスを明確に示すことで顧客ニーズ対応するなどもまた一例として言える。

 

(2) 販売促進戦略

地域を常に視野に入れ、営業日や営業時間帯等は地域のニーズにマッチした体制を作り顧客ニーズにアンテナを張る。メンバーカードの導入による顧客の固定化で囲い込みをし定期的に来店していた顧客の足が遠のいている場合等はDMで近況を尋ねるなど工夫が必要である。

また、情報化社会に伴う対応は急務である。宣伝・広告は重要な販売促進手段であり、ホームページも開くなどの対応は必要といえる。

 

 

【2】 美容業

 

<業界の現状>

美容業は、美容師としての資格を取得すれば、営業施設を設けて解説を届け出ることによって、開業が可能である。また開業に当たっての店舗建物・機械施設等の投下資本も比較的に少なく済む等、参入障壁が低いこと等から、必然的に過当競争を招きやすい体質を持っている。したがって、自社の経営において以下の項目についてご参考にしていただきたい。

 

(1) 従業員の定着・育成・技術の向上

技術の上手な店は、言い換えれば顧客のニーズをつかんでいる店舗ともいえる。顧客がいつも多い店舗は、必然的に髪を切る数、巻く数、染める数が多く、技術が常に向上している。顧客が少ない店や新人教育を行うには、モデルで練習することにより積極的に技術を向上することが大切である。

 

(2) 従業員の定着から顧客の定着⇒新たな口コミへ

美容業界は従業員である美容師の個人的技能によって営業成績が大きく左右される。そして、従業員の定着は顧客定着に繋がると言える。顧客定着に重要なことは「顧客との信頼関係」が保たれているかにある。頻繁に従業員が入れ替わる店舗に、顧客定着はないといえる。

また、この定着された顧客からの「口コミ」が 新規顧客開拓に大きく影響する。最近は無料配布の情報誌が氾濫し、美容院の情報が満載されている。しかし、この情報誌を活用するのは若年層が中心であり、固定化率は低く漂流する客層である。したがって、日々の営業努力と顧客定着が重要である。