よくわかる会社設立よくわかる会社設立

  1. ホーム  >
  2. よくわかる会社設立  >
  3. 不動産業

よくわかる会社設立について業種別にノウハウをご案内いたします。当社では埼玉で会社設立をお考えの方をサポートします。

不動産業

【1】不動産業

 不動産業とは、不動産の売買・賃貸・管理及びこれらの仲介等を行う業種をいいます。

 

【2】賃貸・仲介

 賃貸・仲介業者は不動産を賃貸する顧客と、賃借する顧客から依頼を受けて募集活動から契約までのすべての業務を行います。大手業者・自らが建物を所有している業者は、常に安定した収益を得られる反面小規模な業者は景気・地価の変動等多様な要素に左右されやすい傾向にあります。

 

(1) 地域密着

顧客への周辺環境を正確に説明するために、経営者は商店街等の行事に積極的に参加することを通じて人脈を築くことが多く、この人脈を生かして情報収集を行うことが大切になります。

 

(2) インターネットの活用

インターネットを活用することで遠方に住む顧客もアクセスすることができるようになります。また、店舗の営業時間にも捉われることがないためいつでも地域別・価格別・駅からの距離別といった顧客ニーズに応じた検索方法を提供することで店舗の認知度も高まります。加えて新鮮な情報をリアルタイムに更新でき、その情報をもとに顧客とメール等でのやり取りが可能となり、成約率を高めることができます。

 

【3】 売買

不動産売買業者は不動産を売却する側と購入する側からの依頼を受け、募集活動から契約・引渡完了までの全ての業務を行う売買業と、宅地を造成して建物の建築を行い、それを区分けして販売して収益を得る分譲業があります。

 

長期的な計画力や地価の変動等、不測の事態にも対処できる大成や資金調達力が必要であり、商品の取得資金の半分を自己資金で調達できるか否かが重要なポイントとなります。

 

(2) 不動産コンサルティング力

販売担当者は顧客ニーズに合わせて、資金計画・住宅ローン・物件に関するあらゆる不安や疑問について答える場面があるので顧客が安心して決断できるようにアドバイスができる能力が必要となります。